3点式デジタルキャンバーゲージの特徴
3点でリムに接触する為、安定してキャンバー角が測定出来ます。
測定子は樹脂製なのでリムを傷つけません。
22インチまでのリムに対応します。(測定子要加工)
ブレーキローター部での測定も可能です。
比較測定モードにより、左右の差を簡単に測定出来ます。
ホールド機能により、リムからゲージを離しても
測定値の表示が維持可能です
3
4
5
測定子は交換可能です。
下側アームは上下2段階の取り付け調整が出来ます。測定子は内外2か所の取り付け調整が出来ます。

   
   
■キャンバー角の簡易的な測定に!
キャンバー角の大きな狂いや、左右差をアライメントテスターを使わず確認することが出来ます。アライメント調整の訴求やサスペンション組み付け時のキャンバー角の確認に活用出来ます。 *床面の水平度、リムの曲がりなどは測定結果に影響します。
■キャンバー角の調整作業に!
ストラット式サスペンションの場合、タイヤを外してキャンバー調整を行う車両が存在します。この場合、アライメントテスターを使って作業を行う場合はセンサーの取り外しや再測定の必要があり、非常に手間が掛かります。3点式デジタルキャンバーゲージで、テスターで測定する前に調整を行えば、作業時間の短縮になります。調整時はブレーキローター部で測定する事により、リムが装着されていなくても測定が可能です。

3点式デジタルキャンバーゲージ
\99,000(税別)
   


株式会社アクセル
〒140-0011 東京都品川区東大井6-11-9 2F TEL : 03-5753-5295  FAX : 03-5753-5296