■ブロックショット (HC-007)
1
anzen1
エアゾール式簡易消火具は、消防法令上における定義は消火器と同じ(*)ものです

(*)家庭内における石油ストーブ、くずかご、天ぷら鍋等の火災に対する初期消火の有効性、消火剤等に対する人体への安全性などについて、
消火器とは別に[エアゾール式簡易消化具]の技術基準が定められています。

人にやさしい = 毒性がなく非腐食性 label1
ラジエターなど冷却装置の
緊急冷却用スプレーとして
使用することもできます。
この消化液は、人体や動植物に対しても安全性が非常に高く、100%自然分解しますので、そのまま流しても問題ありません。
一般の泡等の消火剤は毒性・腐食性がありますが、ブロックショットは毒性・腐食性が無いので人体に触れても心配ありません。
鎮火能力 = 再発火防止
急激に冷却するため、強力な鎮火力(燃料元を発火点以下にする)があり再発火の予防ができます。
ブロックショットは、燃料の熱を奪い気化できなくさせるため、再発火を抑えます。
長期保存 = 交換無用
通常の消火器の保存期間は2〜5年ですが、ブロックショットは植物液(消火剤)と圧縮空気が別になっているため、消火剤交換がありません(ガスを使用していない・液剤と混合していないため)。ただし、缶が腐食した場合は交換時期になります。
ブロックショットは、溶剤が容器内部4層の特殊パックに入っているため、消火剤の変質・腐食がありません。
(保証期間:缶底に表示:基本製造後7年)
安心・安全・簡単 = ワンタッチスプレー式
通常の泡状消火器と違い、水に近い液体タイプですので噴射後の後始末が簡単です。
子どもやお年寄りでも簡単・安全に操作することができ、どの角度でも(360度)噴射できます。
車内保管:OK = 100℃まで対応
−20℃〜120℃の耐火試験の結果、-5℃〜100℃の環境でも何ら問題なく消火液を噴射することが実証されました
他の消火具は0℃〜40℃までに対し、-5℃〜100℃までの保管・噴射使用が実証されているため、夏の車内でも保管が可能です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[取扱い上の注意]
数回に分けて噴射できますが、再使用の場合は、新しいものをご用意下さい。
使用した容器は、火の中に投げ込まないで下さい。
幼児の手の届かない所へ保管して下さい。
通電機器には故意に噴射しないで下さい。
   
[使用方法]
キャップを取り、噴射口を火元に向けてボタンを押してください。
火元から2〜3m 離れた場所で使用してください。

使用温度範囲 −5℃〜100℃
品質保証期間 缶底表示期限内
噴射距離 2〜4m
噴射時間 約11秒
消火薬剤の名称 水(浸潤剤等入り)
消火薬剤の量 340g
総重量(キャップボタン含) 483g±10g
ケース入り数 24本(1ロット)
品番 HC-007


BLOCK SHOTに関するQ&Aはこちらから


ブロックショット
品 番
HC-007
ケース入数
24本/1ケース
容 量
340ml
JAN
45 80307 650024
重 量
483g±10g
本体価格

¥2,648/本 (税別)

専用ホルダー
品 番
HC-107
JAN
45 80307 650048
    本体価格
¥672/本 (税別)








株式会社アクセル
〒140-0011 東京都品川区東大井6-11-9 2F TEL : 03-5753-5295  FAX : 03-5753-5296