1
1

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ビードデプレッサーの特徴
ビードを適量だけ押し下げることが出来ます。
標準リムとエクステンディッドリムに対応出来ます。
作業途中で外れる可能性が低い。 樹脂製であり、かつホイールディスクやフランジ部を損傷し難い構造となっています。
*リムフランジ表面には接触しません。

1
2
■収益率の高い
 ロープロファイルタイヤの取り組みに!

作業難易度が高いロープロファイルタイヤは、タイヤやホイールの損傷リスクが高く、取扱が積極的でないケースを見受けます。 ビードデプレッサーを使うことにより、作業の「標準化」が可能でありタイヤやホイールの損傷リスクを低減することが出来ます。
■タイヤ組み込み時のビード損傷防止に!
タイヤ組み込み時のビード損傷は、エアー漏れやバーストの原因となります。タイヤ交換後のクレーム防止やお客様の安全性を高める意味で、安全・確実なタイヤ組み込み作業を実現出来ます。

ビードデプレッサー
\33,000(税別)
kakomi

株式会社アクセル
〒140-0011 東京都品川区東大井6-11-9 2F TEL : 03-5753-5295  FAX : 03-5753-5296